炎のパチンコ頂リーグ(2013)

2013年6月22日 (土)

炎の!!パチンコ頂リーグ #06
第6戦.助六−SF塩野@2013.05.08(月)ウイングキャッスル

助六vsSF塩野!実力派二人の対戦!お互いに相手の出方をうかがいながら立ち回る!しかし助六はSF塩野の立ち回りだけではなく私生活もかなり気になる様子で…
……

収録から初回放送まで無駄な長きの45日,真新しさもない京楽一色な機種選択からも.番組制作会社アレックス・コミュニケーションズによるサイトセブンTV使い古しな番組仕立てからも,惹かれる要素は見当たらないまま.奥様から借金を重ねつつ夜のお遊びに興じるだの,出演者の私生活に焦点を当てることしか盛り上げる術を持たない.情けないパチンコ実戦番組っぷりは相も変わらずです.その無策っぷりに落胆させられつつ,至極退屈な視聴へと陥らされました.

この先,盛り上がる術も意欲も持ち合わせていない現況です.惰性に優勝者決定を待つことなく,さっさと打ち切りとされたら如何でしょう.私的には開店閉店終日実戦,グロービッシュ劣化前のパチンコ実戦塾の復活が望ましい旨,今回もまた,後継番組について主張させて頂く次第であります.

収録までの所要日数:45日.協力:パチンコ攻略マガジン,パチンコ必勝本CLIMAX.制作会社:未公表ですがアレックス・コミュニケーションズでしょう.協力:辰巳出版.P:加治原浩(JAB).D:未公表.

2013年5月11日 (土)

炎の!!パチンコ頂リーグ #03
第3戦.SF塩野−ヒラヤマン@スーパーハリウッド品川店

第三戦となる今回はSF塩野vsヒラヤマンのパチンコ必勝本CLIMAX対決!手の内を知り尽くしている相手だけに駆け引きを含めた立ち回りが必要!必見の同門対決です!
……

今回もまた,ヒラヤマンさんのパンツが見えた覗いたなどと,パチンコとは関係皆無に出演者間の遺恨と,関西弁風味なナレーション原稿で盛り上げるしか術のない,何の変哲もない面白くないパチンコバトル番組へと陥っています.放送に至らしめる価値なんざございません.

まぁ,ヒラヤマンさんの個人ファンには受けるでしょうが,それにしたってパンツ見せつけた方が喜ぶような水準かと.毎度毎度のご指摘となりますが,濁しようのないほど出涸らしなお茶をそれでも濁すばかり,こんあい味も素っ気もないパチンコ実戦番組を垂れ流すのではなく,グロービッシュ劣化前のパチンコ実戦塾のように,パチンコを過酷に突き詰めるような実戦番組を放送に至らしめて頂きたい.今回も繰り返すのみであります.

収録までの所要日数:未確認.協力:パチンコ攻略マガジン,パチンコ必勝本CLIMAX.制作会社:未公表ですがアレックス・コミュニケーションズでしょう.協力:辰巳出版.P:加治原浩(JAB).D:未公表.

2013年4月27日 (土)

炎の!!パチンコ頂リーグ #02
第2戦.シルヴィー−ヒラヤマン@コスミック八王子店

『炎のパチンコ頂リーグ』第二戦!今回はシルビー(※原文のまま)VSヒラヤマン。実力、人気共に抜群の両者がどんな戦いを見せるのか!?二人の立ち回りにも要注目です!!
……

第二戦は女性ライター二名様による対決.両者揃ってCR北斗の拳5へと行き着いた台選択は,前夜初回放送のTRAVEL GIRLSと,シルヴィーさん含めて被った風情.一辺倒に出玉を争うばかりで,立ち回りを披露する要素皆無なパチンコ実戦番組です.パチテレ!として機種選択について,一考願えなかったのもでしょうかね.それでなくても緩慢に温いバトルなのに,機種被りが尚更に冷めさせてしまいます.競り合うことなく一方的な展開も冷め冷めしく,惹かれ難いつまらない番組へと陥ってしまいました.

前回も申し上げましたが,こんな温く平凡な新番組を追加投入する余裕があるなら,単純にグロービッシュ劣化前のパチンコ実戦塾を再現させたら如何でしょう.出演者に過酷さを求めることなく,パチンコ遊技者たるパチテレ!視聴者からの共感を得ることは難しいのが道理というもの.避けて通ろうとする姑息な卑怯さの排除が,パチテレ!には必須かなと.今回は再認識させられた次第であります.

収録までの所要日数:未確認.協力:パチンコ攻略マガジン,パチンコ必勝本CLIMAX.制作会社:未公表ですがアレックス・コミュニケーションズでしょう.協力:辰巳出版.P:三岡博史(JAB),加治原浩(JAB).D:未公表.

2013年4月12日 (金)

炎の!!パチンコ頂リーグ #01(新番組)
第1戦.助六−チャーミー中元@コスミック八王子店

『炎の!!パチンコ頂リーグ』開幕!各誌人気ライターが己のプライドをかけガチンコの出玉バトルを繰り広げる。第1回は助六vsチャーミー中元。二人の立ち回りに注目だ!
……

パチテレ!今クール唯一の新番組は,助六さん,シルヴィーさん,SF塩野さん,ヒラヤマンさん,チャーミー中元さんと,攻略雑誌3誌で活躍中の各位様をお招きしてのパチンコバトル.これについては魅力を覚えなくもありません.ですが,単純な差球勝負という芸のないバトルルール.閉店まで4時間超余してしまう,たったの8時間に留まった実戦時間設定の災いしたのでしょう,ですが,出遅れに置いてけぼりを喰らった時点で,助六さんの敗色が濃厚となってしまう素っ気なさ.面白くなる道理を欠いてます.

これだったら,普通にグロービッシュ劣化前のパチンコ実戦塾を再現させる.すなわち,過酷に真剣なパチンコ実戦を繰り広げる,その方が,ずっと魅力あるパチンコ実戦番組に成り得たのと違いますでしょうか.この新番組のような,単純な短時間差球勝負じゃ足りません.所詮はアレックス・コミュニケーションズ.ネームヴァリューある出演者の揃えただけ,それだけな番組かなと.醒めた気分で悟らされてしまう,そんな新番組初回の視聴後感に至った次第であります.

収録までの所要日数:未確認.協力:パチンコ攻略マガジン,パチンコ必勝本CLIMAX.制作会社:未公表ですがアレックス・コミュニケーションズでしょう.協力:辰巳出版.P:三岡博史(JAB),加治原浩(JAB).D:未公表.

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

水曜日更新(536)

最近のコメント

最近のトラックバック