« 2013年7月 | トップページ

2013年8月

2013年8月11日 (日)

南まりかの唐突ドロップキック〜明日は勝てるかな?〜 #45
南まりか−辻ヤスシ@将軍田端店

正義の味方・南まりかの息の根を止めるべく送り込まれた今回の怪人は『道玄坂ライオンズ』の異名を持つ強敵怪人だ!果して、南まりかは世界平和を守る事ができるのか!?
……

出演2名様揃って見せ場に欠いた風情.南まりかさんは北斗の拳転生で奮闘されるも,パチテレ!において奮闘虚しい光景は食傷に過ぎてます.辻ヤスシさんはスナイパイ72にておしりペンペンに挑もうとされるも,初突入が番組開始44分も経過では遅すぎますし,2本撮りの2本めが控えているからと,延長戦な実戦場面がカットされては意味を為しません.これでは番組成立には至りようがございません.感想の抱きようもございません.ただただ言葉に詰まるのみであります.次回における巻き返しに期待させて頂きつつ,困惑な状況から引き下がることとします.

収録からの経過日数:未公表.戦闘員:タニー.ナレーション:増田晋.制作協力:フロンティアーズ.P:未公表.D:未公表.

パチンコ獅子奮迅 #21
マコト,高島遼.ヨースケ@HAP'1 UNO 西浦和店,前編

この番組は獅子が協力してトータル収支のプラスを目指す番組である。今回はマコト、高島遼、ヨースケの前半戦。現在3連勝中の獅子達、連勝なるのか?
……

一見甘く見えながらも実は要所が辛く締められている,相殺トータルとして打てそうな打てなさそうな微妙な線.収録日収録ホール様の釘調整に手こずっている風情に受け取れます.出演3名様のうち誰がリーダーなのかが定まらない,手を挙げているような降ろしているようなはっきりしないご様子も,この釘調整の難しさが災いしているのかもしれません.

中締め時の精査における,33個交換な営業ルールで差玉500個とか400個とかの結果は寂しい気もしますが,玄人各位様が一生懸命になっての結果なら致し方ないのでしょう.実戦台の実力についての見せ方について,視聴者側へと伝わりにくい曖昧さについて,番組制作者側への不満も残りますが,そのあたりは後半戦終了後にご指摘させて頂くこととします.出演3名様の健闘を祈ります.

収録までの所要日数:未集計.ナレーター:柳繁之.制作:株式会社グロービッシュ.P:未公表.D:未公表.

2013年8月 2日 (金)

ビワコのラヴ♥ファイター #119
CRスーパー海物語IN沖縄3HME(三洋物産).ビワコ@ミュー川口芝店

今回は相性のいいミュー川口芝店さんでの挑戦!最高傑作と語るIN沖縄3で戦いに挑む。視聴者プレゼントをGETしようと奮闘するビワコさんにご期待ください!結果は?
……

今回も至極充実に安定した内容に受け取れます.ビワコさんご自身の財布都合を押し殺しつつ繰り広げられる,収支に囚われることのないセルフ実況解説には,2日間の予習実戦に裏付けられた説得力を覚えます.展開自体は不遇域へと陥ってしまったものの,今回の沖海3の目玉でもあるスーパー魚群やら押さえるべき演出も,とりあえずながら押さえられてますしで,特段不満を抱かされることなく,スッキリすんなりと視聴することが出来得ました.

それでも敢えて不満を申し上げるならば,実戦の展開が充実していたならお便りのコーナーは省く予定でしたと言わんばかりに,視聴者からのお便りコーナーの収録はエンディング収録後になされた旨を明かしてしまったことでしょうか.ヒロシ・ヤングという姑息な手抜き社長の存在が災いして,パチテレ!視聴者は「尺調整」なる小細工の存在を覚えてしまっています.それ故に,視聴者側へと展開推移を予見させる事柄は極力伝えないほうがよろしいかと.今回は,その一点のみ引っ掛かった次第であります.

初回放送までの経過日数:計測不能.トップ導入からの経過日数:25日.ナレーション:渕崎ゆり子.制作会社:未公表.協力:辰巳出版.P:未公表.D:未公表.

2013年8月 1日 (木)

射駒タケシの攻略スロットVII #562
実戦編.射駒タケシ(6)@ARROW池上店,後編

前回に引き続き「ARROW池上店実戦」の後編をお送り致します。稼働が高く移動が出来ずに、北斗の打ち続ける…しかし、まさかの展開が!?お楽しみにっ
……

後半戦開始早々に,闘神演舞19連で2386枚獲得しての大逆転を決める.その後は一進一退しつつも徐々に出玉を減らし,どうにか勝ち逃げへと辿りつ浮いた風情.設定推測が難しい機種とはいえ,一度は手放そうと決意された台での実戦というのは如何なものだろうとか,釈然としない気分も混じります.

ではありますものの,この北斗の拳伝承とは,わかりにくく辛いながらも,それでも高稼働を維持し続けるだけの魅力がある機種と鑑みれば,今回の射駒タケシさんの実戦についても,一定の理解は出来得るのかなと,悟れた次第でもあります.そのあたりはいつもながらの丁寧な編集も功を奏したのでしょう.俯瞰気分にスッキリ清々しい視聴後感へと至れた次第であります.

NA:北大輔.制作協力:映光.協力:パチスロ7,パチスロ7Jr..P:三岡博史(JAB).D:湯本武志,末吉伸次.

« 2013年7月 | トップページ

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

水曜日更新(536)

最近のコメント

最近のトラックバック